ルブレンの口コミ

ルブレンには副作用はないの?

2022年4月14日

Avatar photo

飯野 貴行

お口を清浄にし、口臭を防ぐ効能効果のある「ルブレン」発売元の株式会社いいの製薬です。<日本口臭学会会員><未病産業研究会会員> LINEで質問はお気軽に!

口臭予防ケア商品として注目を集めているルブレン。効果があるといわれると逆に心配になってくるのは副作用です。

特にルブレンは直接口の中へ入れるものですから、心配になるのも無理はありません。ルブレンはどれほど副作用の危険があるのか、見ていきましょう。

 

妊娠中の女性はルブレンを使って大丈夫?

妊娠中、ホルモンバランスの乱れで口臭がきつくなることがあります。ルブレンで口臭対策したいと思っても、お腹の中の赤ちゃんに影響があるかも、と思うと不安になりますね。

公式サイトを見ると、「妊娠中など医師からの指示が必要な方については、製品と全成分の表示されたものを医者に確認いただいた方がよろしいかと思います。」
となっています。

全成分がこちらです。

シイクワシャー果実水【着香剤】、グリセリン【保湿剤】、水【基剤】、ソルビトール【保湿剤】、PEG-60水添ヒマシ油【可溶化剤】、キシリトール【甘味剤】、エタノール【可溶化剤】、フランス カイガンショウ樹皮エキス【清掃助剤】、タベブイアインペチギノサ樹皮エキス【清掃助剤】、ローズマリー葉エキス【保湿剤】、ラベンダー花エキス【保湿剤】、酸化銀【防腐剤】、セージ葉エキス【保湿剤】、スペアミント油【着香剤】、オレンジ果皮油【着香剤】、ユーカリ葉油【着香剤】、BG【保湿剤】、メントール【着香剤】、ホウケイ酸 (Ca/Na)【分散剤】、クエン酸【pH調整剤】、クエン酸Na【pH調整剤】、ココイルアルギニンエチルPCA【防腐剤】

オーガニック処方

見てすぐ気づかれると思いますが、ほとんどが天然成分です。有機認証済みオーガニック成分約64%配合となっています。

余計な成分は不使用

さらに、パラベン、フェノキシエタノール、石油由来、鉱物由来、着色料、合成香料は使用されていません。

もちろん、妊婦さんそれぞれの体質なども関係してくると思いますので、どうしても気になる方はこの成分表をもってかかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

 

高血圧や糖尿病の薬を飲んでいる人はルブレンを使って大丈夫?

お薬の副作用の一つに口の渇きがあります。そのため、唾液がネバネバになったり、ひどくなると口の中がカラカラになるという場合もあります。口の中が乾くともちろんありがたくない悪玉菌が増えてきますから口臭の原因になります。

そんな時、ルブレンを試してみたいと思われる方は多いです。気になるのは飲み合わせだと思います。ルブレンはオーガニック成分が基本となっていますから、「何かのお薬を飲んでいる人は使用できません」という規制は基本的にはありません。しかし、万が一ということもありますから、薬を処方してもらうときにルブレンの成分表を持って行って相談してみてください。

 

ルブレンには、乾燥を防ぐ保湿成分があるので、口臭が軽減されたと感じる前に、「唾液が臭くなくなった」「口がパサパサしなくなった」という変化を感じておられる方がたくさんおられます。

緊張やストレス、口呼吸のため、薬の副作用、など口が乾いてしまう原因はたくさんあります。ルブレンは「口に水をふくむ」といった一時的な解決ではなく、お口を保湿し口の中を健康な状態に保つとろこがうれしいですね。

 

口の中が炎症することはないの?

ルブレンの殺菌効果がそんなに高いのなら、口の中で炎症が起きてしまうのではないか。と心配される方も多いようです。
マウスケア用品、口臭ケア用品は一般に使用時ピリピリした感覚がありますね。その刺激が「消毒できてる!」感につながっている方も多いと思います。
しかし同時に、「あの刺激感が嫌」とい人も多いのではないでしょうか。

ルブレンを使用してまず驚くのが、使用感です。あの独特のピリピリ感がないんです。私は特にピリピリ感が嫌いというわけではなかったのですが、ルブレン、全く刺激感を感じませんでした。
でも口の中はすっきりします。清涼感は申し分ないのに、刺激がないという非常にうれしい製品です。

後で知ったのですが、この製品を開発した方がそこにこだわったらしいですね。つまり「一般のマウスウォッシュのような刺激や化学物質を入れたくない!」という熱い思いです。
使用される材料もオーガニックにこだわっています。
しかし、体質的に口の中の粘膜が非常に弱いとか、今現在、口内炎などのひどい炎症が起きているという人は使用前に一度専門医に確かめることが必要かもしれませんね。

 

舌の表面の症状「舌苔」がさらに悪化しない?

ルブレンは、舌苔にも効果があるとされています。でも、舌苔を取ると舌の各細胞が傷つき、さらに舌苔ができやすくなるという話もよく耳にします。
それで、ルブレンを使用することで、一旦は舌苔が少なくなるかもしれないけど、実際には舌苔を悪化させてしまうのではないかと心配される方が多いようです。

結論から言うと、悪化しません。ルブレンは舌の表面を傷つけることなく舌苔を解消していくからです。
まずルブレンは舌苔の原因となる細菌や食べかすをきれいにしてくれる洗浄効果がありますね。舌の細胞の間に入っているものなども、隅々まで行きたる洗浄効果でスッキリです。

また、舌が乾燥すると舌の表面でも悪玉菌が増加する原因になります。こうしてできた舌苔は口臭を引き起こします。ルブレンはご存知の通り、口の中の潤いを守ってくれますから、絶縁ができにくい環境を作ってくれるといえますね。

ときどき、歯ブラシなどで強引に舌苔を取ろうとする方がいますが、ほとんどが磨きすぎで逆効果です。また化学物質が配合された刺激の強いマウスウォッシュ製品でケアされる方もおられますね。こうした場合、逆に舌苔が厚くなってくることがあります。
刺激により舌の上皮などがはがれて舌苔を厚くさせるからです。これは逆効果です。
舌苔の原因となるものを取り除くケア法に変えましょう。

ルブレンはすごく昔からなじみがある製品、というわけではないので、使用にあたっていろいろ不安になることも多いですよね。公式サイトではそんな疑問や質問も受け付けてくれています。気になることはどんどん尋ねてみて、安心して使用したいですね。

 

以上「口臭予防をPRするルブレンには副作用はないの?」でした。

他の人の口コミもたくさんありました!

[cc id=310]

2023年最新口臭ケアランキング

歯磨きをしても口臭がする方に人気の口臭ケア商品をランキング!

ルブレン(洗口液タイプ)殺菌剤を使わず、自然の力でお口を浄化

歯磨きしても奥から臭う【のど口臭】専門店のスプレー。これ以上、化学薬品を体に使いたくない方のため殺菌剤やフッ素は配合していません。自然の力でお口を浄化して、口臭を防ぎます。

スプレータイプで簡単。通常は水がベースですが、沖縄本島で唯一栽培されているオーガニックシークワシャーを皮ごと蒸留し、1滴1滴集めてベースにしています。さらに8種のハーブを配合した、ピリピリしないオーガニック処方。銀イオン水も配合

ルブレンナイト(トローチタイプ)

朝の口臭が気になる方に、夜の間に口臭を消す夜用口臭除去。カップルや親子で口臭が気になるのは、朝の寝起きです。「ママ、お口が臭いよ」と言われてショックの方に人気です。キシリトール配合で健康な歯を維持することも可能です。シュガーレスなので寝る前から使えます。舐めるだけのトローチタイプ。

スクラブレス(サプリタイプ)

タンパク質分解酵素成分を配合し、お口の汚れが気になる方に。不安な季節にうれしいプロポリスも配合。日本初の口腔スクラブの発想で、舌や上あごの汚れが気になる方に。胃腸にも届くヒト由来の乳酸菌も

  • この記事を書いた人
Avatar photo

飯野 貴行

お口を清浄にし、口臭を防ぐ効能効果のある「ルブレン」発売元の株式会社いいの製薬です。<日本口臭学会会員><未病産業研究会会員> LINEで質問はお気軽に!

-ルブレンの口コミ