新型コロナウイルスのため銀イオン(Ag+)配合のルブレンがまとめ買いされ大ヒット。3月で在庫切れの予想

銀イオン配合の洗口液「ルブレン」を通販する株式会社いいの製薬(本社:横浜、代表取締役:飯野貴行)は、「新型コロナウイルスのため銀イオン(Ag+)配合のルブレンがまとめ買いされ大ヒット。3月で在庫切れの予想」をご報告します。

背景:新型コロナウイルスの流行で、N95でない一般的なマスクはウィルスを通してしまうため、口腔内の環境への意識が高まる

新型コロナウイルスへの警戒のため、高性能マスクへの需要が高まりました。一方でN95 でない一般的なマスクはウィルスを通してしまうことも知られてきました。マスクを素通りしてしまうため、お口の中の環境を改善したい意識が高まっています。

 

銀イオン(Ag+)は一般的に、衣服や肌の抗菌効果が知られてきました

  • お肌に吹きかけるデオドラントスプレー
  • 靴・ブーツの除菌・消臭スプレー
  • お風呂やキッチンの洗剤
  • カビやすいスポンジなど水回り品

一般的に身の回りの抗菌商品として銀イオン(Ag+)は知られてきましたが、口腔内に使える銀イオン商品「ルブレン」が注目されたと思われます。

 

 

銀イオンの安全性

銀の入ったイヤリングや指輪などで皮膚トラブルを起こす人がいますが、その原因は銀ではなく、混ぜられたニッケルやコバルトと反応して起こっています。銀に対する金属アレルギーではありません。皮膚学会では、銀及び銀イオンがアレルゲンになることはほとんどないと報告(※)されています。
※日本防菌防黴学会誌,24(8),564(1996)

 

口腔内に使用できる銀イオンの商品「ルブレン」が、まとめ買いで大ヒット

銀イオン配合、有機シークワシャー果実水に8種のハーブ配合で口臭予防 ルブレン

新型コロナウィルスを除菌することは証明されていないにも関わらず、銀イオン(Ag+)ということでヒットしています。
通常のアルコール度数の強い洗口液を使いすぎるとピリピリするために、別の方法でお口をキレイにしたいという方も。
マスクと同じく、備蓄して多めに手元に欲しい方が多いようで、大ヒットしています。
3月には在庫切れの予想となります。

 

参考:株式会社いいの製薬の商品一覧

銀イオン(Ag+)配合のルブレンで、マスクの下の口腔環境の予防に。

【ルブレン(洗口液タイプ)】

https://iino.life/lubren/google

 

 

 

 

株式会社いいの製薬会社

投稿者プロフィール

お口を清浄にし、口臭を防ぐ効能効果のある「ルブレン」発売元の株式会社いいの製薬です。<日本口臭学会会員><未病産業研究会会員>

【日本口臭学会】
口臭の発生機序、正確な測定方法、原因の分析、口臭の悩みへの対応など、口臭をめぐる様々な問題に関して研究を進め、エビデンスを積み上げることを活動の中心としています。
(引用:日本口臭学会 学会概要)
【未病産業研究会】
超高齢社会において成長産業となり得る、神奈川発の「未病産業」という新たな産業を創出することで、国民の健康寿命の延伸と日本経済の活性化を目指すとともに、新たなヘルスケアシステムを創造し、海外に向けて発信していくことを目的とします。
(引用「未病産業研究会」の取組み)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 舌苔ケアをしたい方は、面倒なのか、歯ブラシでやってしまって後悔する方が非常に多いです。しかも、ゴシゴ…
  2. 膿栓(臭い玉)が原因だった!?喉から臭い!その口臭。でも、膿栓が取れない!そこで耳鼻咽喉科の膿栓治療…
  3. ルブレンの口コミだけではわからない、効果について、第三者機関による実験を行いました。 特に、口の中に…

話題をチェック!

  1. 2018-5-6

    舌苔は口臭の元凶!10個の舌苔の除去したい!原因・ケア方法・取り方

    舌苔が口臭の原因だった?口臭の原因の60%以上が舌苔!舌苔の原因と対策を追及します。舌苔(ぜったい)…
  2. 2018-4-7

    ドブ臭い口臭はスメハラ!接客業や職場で会話する人はスメルハラスメントを予防しよう

    会社の人で口臭がひどい人がいますよね。。。。どうにかならないんでしょうか。スメハラことスメルハラスメ…

公式サイトはこちら

運営:いいの製薬

お口を清浄にし、口臭を防ぐ効能効果のある「ルブレン」発売元の株式会社いいの製薬です。<日本口臭学会会員><未病産業研究会会員>

歯科医師監修記事

「虫歯がなく歯に自信がある人ほど要注意」な理由を聞きました。
アキモト プライベート デンタルオフィス 秋本昌弘院長
脳外科手術から発達した手術用顕微鏡での歯科治療を実践する現役歯科医師

医師監修記事

医師が注目する最近の傾向で気になること
湘南台 腎泌尿器・漢方クリニック  友田岳志院長
腎臓や泌尿器の病気を西洋医学だけでなく漢方も使って治療するクリニックを経営しているドクター
ページ上部へ戻る