目次

膿栓がびっちりと付いていて、ゾッとした覚えがあります。

私は20代の時に幼稚園教諭として働いていたのですが、その頃は本当によく膿栓ができました。はじめはそれがなんだかよくわからずに、ご飯が喉に詰まって時間が経ってでてくるものだとばかり思っていましたが、そのうちネットなどで調べて、それが膿栓だと知りました。膿栓が一番できやすかったのは、冬場感想している時期に風邪を引いた時です。風邪を引いて治りかけの時に喉を覗いてみると、膿栓がびっちりと付いていて、ゾッとした覚えがあります。別の件で耳鼻科に通うことが多かったのでそのたびに診てもらって取り除いてもらっていました。後は喉を酷使する時期にはできやすかったように思います。いずれにしても、喉に何らかの炎症が起きている状態が続いた後に、膿栓がたくさんできていたのだと思います。

(女性 36歳 主婦 東京都)

風邪をひいたときや、喉の具合がおかしいなと思うと引っかかっています。

体調が悪いとき、またはその予兆のようなもので膿栓が出ます。 風邪をひいたときや、喉の具合がおかしいなと思うと引っかかっています。咳をした拍子に出てきたり、痰と一緒に出てきたりします。他人といるときにくしゃみと一緒に出てくると焦ります。米粒程度の大きさで、一個取れると何個かまとめて出てきます。 喉にイガイガとした違和感を感じることが多く、においもそうですが引っかかる感じがとても嫌です。 扁桃腺を腫らしやすく、蓄膿症にもなったことがあり、耳鼻咽喉科のお世話になりっぱなしです。膿栓が出やすい体質のようです。 うがい薬などを使用して予防に努めていますが、調子を崩してしまうと出るものは出ます。喉を取り出して洗えたらいいのになと思うことがあります。

(女性 28歳 公務員 秋田県)

私の場合、体調はあまり関係なく左右されません。

子供が保育園に通いだし、毎月のように風邪を引くので常に会社にいる際もマスクをするようになりました。ふと気づいたのですが、長い間、膿栓が出てないなと。私の場合、体調はあまり関係なく左右されません。大きな原因となっていたのは口が乾いてたかどうかだったと思います。私はドライマウスという自覚はまったくなかったのですが、よく考えると、さほど水分をとるほどでもないですし、そういった意味で知らない間に口の中が乾いていたのだと思います。オフィスも空調で常に乾燥していますし。体調に左右されず常に喉から生まれていたんですが、マスクのお陰で現在はなくなりました。こういう一例もあるという事をお伝えしたく、作業に申し込みをしました。

(女性 34歳 会社員 兵庫県)

以上、「膿栓が出るときの体調は?膿栓の原因を追究します!炎症?風邪?体調は関係ない?」でした。

—————–

口臭を防ぐのはルブレン

main_20160801