胃でもない、虫歯でもない、でも歯茎がクサいとお口もクサくなるんです。

しょうこしょうこ

歯茎から臭いがするんですけど?

よしこよしこ

歯茎から臭いがする、と聞いても、すぐにはピンとこない方も多いかもしれません。歯茎から臭いがしているかどうかは、実際に歯茎を触った指の臭いを嗅ぐのが確実でしょう。また、舌で歯茎を押したときにいやな味の汁が出るという方も要注意です。

鏡で見て歯茎に異常がなかったとしても、これらのサインがある場合には歯茎に異常が起きている可能性が高いです。

歯茎の異常は、口臭だけでなく他の口内疾患のサインでもあります。まずは自分の歯茎がなぜ臭うのか、その理由をしっかりと分析してから、それぞれの理由に応じて必要な対策を選んでいきましょう。

目次

歯茎から臭いがする原因について

よしこよしこ

歯茎から臭いがする原因は大きく分けて4つあります。ご自身の歯茎が臭う場合、この4つのうちのどれに当てはまるのかを確認する必要があるでしょう。

もちろん必ずしも原因が1つというわけではありません。歯茎の臭いは以下で述べる複数の要因が重なり合って起きている場合もあります。

1.歯垢

歯垢とは、口内の細菌が、食べかすの糖分やたんぱく質を餌に増殖し塊になったものを指します。プラークとも呼ばれています。耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

ちなみに、この歯垢が口内のミネラルを含んで固くなると「歯石」と呼ばれるものに変化します。

歯垢は口内細菌の塊で、それ自体が口の中に残った食べかすを分解します。このときの分解は、つまり菌によって食べ物が腐るときと同じ状態を指すのです。結果的に、歯茎に歯垢が残ると、そこからは食べ物が腐ったような悪臭がします。

2.出血がある

歯茎を押すと出血があるのは、歯肉炎の証拠です。歯肉炎は文字通り歯茎の炎症ですが、歯周病の初期段階ともされています。

歯肉炎が進行して歯周病になると、歯茎から血が出る他、歯茎と歯の間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。この歯周ポケットに口内細菌がたまると、歯垢と同じく食べかすを分解してガスを発生させるのです。

このガスはVSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれ、玉ねぎの腐ったような臭い生ごみの臭いを発生させます。

3.膿が出てくる

歯茎を押したときに血ではなく膿が出てくる場合は、根尖性歯周炎歯肉膿瘍の可能性が高いでしょう。どちらも、歯茎から出てくる膿が悪臭の原因です。

根尖性歯周炎とは、大きな虫歯やその治療などによって、歯の根元の先端で炎症が起きている状態を指します。歯の先端の部分の周りである歯根膜という部分が化膿して膿の袋ができ、外側からそれを潰すと歯茎から膿が出てくるのです。

根尖性歯周炎は一見すると分かりやすい特徴がないため、気付いたときには病状が悪化していたということにもなりがちです。

一方、歯肉膿瘍とは、歯茎の縁や歯と歯の間の部分で炎症が起こって、化膿している状態を指します。こちらは根尖性歯周炎とは違い、歯茎が赤く腫れあがるため分かりやすいとされています。

化膿した部分から膿が出ると、腐敗臭に近い膿独特の臭いがします。歯周膿瘍は、多くの場合食べ物や歯ブラシなどで歯茎が傷付いたところに、口内細菌が感染することが原因で怒ります。

4.親知らず

親知らずが生えていることが、歯茎の悪臭の原因となる場合もあります。親知らずは、人によっては斜めや横向きに生えてきたり、歯肉に埋まったままの状態になったりする場合があります。

この場合、歯ブラシや歯間ブラシできれいに磨くことが難しくなり、結果的に歯茎の炎症が起こりやすくなるのです。親知らずの周囲の歯茎は、当初は腫れや痛みから始まります。

しかし、徐々に病状が進行していくと、やがて歯茎が化膿して膿が出てくる可能性もあります。歯茎から出る膿が悪臭を放つのは、先に述べた根尖性歯周炎や歯肉膿瘍と同じ理由です。広い意味では、親知らずの炎症も一種の歯肉膿瘍であると言えるでしょう。

 

対策方法について

よしこよしこ

あなたの歯茎が臭う原因が何であるか、上で述べた4つの項目から分析することができたでしょうか。この項では、それぞれの原因別に対策をご紹介したいと思います。

1.歯垢の場合

歯茎やその周辺に歯垢が溜まって悪臭がする場合は、普段よりも丁寧な歯磨きを行うことで対策が可能です。歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを効果的に活用しましょう。

殺菌効果のあるマウスウォッシュを用いるのも、口内細菌の繁殖を抑えるのには有効です。また、歯科医院で定期検診を受けるときに歯磨きの仕方について改めて指導を受けることも重要です。

歯垢は歯磨きによって除去することができますが、歯石は歯科医院で削り取ってもらう以外に除去の方法がありません。歯垢が歯石に変わる前に、日頃からのケアを徹底することが肝要だと言えますね。

2-1.歯肉炎・歯周病の場合

歯肉炎や歯周病になって、歯周ポケットに溜まった口内細菌から悪臭がしているばあいは、歯科医院での定期的なクリーニングをおすすめします。

歯科医院では、健康保険の適応範囲内で、専用の器具を用いて歯のクリーニングを行っています。このクリーニングでは、日常の歯磨きでケアすることのできない細かい範囲までしっかりと歯や歯茎の洗浄ができます。

定期的なクリーニングをすることによって歯茎の腫れは徐々に改善していきますから、歯肉炎や歯周病など歯茎の問題を抱えている方にとって、歯科医院でのクリーニングは大変効果的な対策です。

また、歯肉炎や歯周病を抱えている方は、日常の歯磨きのときに出血を恐れている方が多くいます。

しかし、歯茎が腫れている場合、出血した時点で歯磨きを止めてしまうと結果的に歯垢や食べかすをきれいに取り除くことができず、病状を悪化させてしまうことに繋がります。普段の歯磨きでは、多少の出血は気にせずに歯磨きを行うようにしてください。

2-2.根尖性歯周炎の場合

根尖性歯周炎に関しては、一刻も早い歯科医院での治療が必要です。根尖性歯周炎は、主に歯の根元の神経が壊死していることが原因で起こります。

歯の神経は顎のごく近くにあるため、この部分の神経が壊死していると、ここに溜まった膿の細菌が歯茎や顎を通って他の臓器に感染する可能性があるのです。これを「歯性病巣感染」と呼びます。

歯性病巣感染の具体例としては、狭心症心筋梗塞脳梗塞糖尿病肺炎などが挙げられます。上半身の内臓を中心に、様々な病気の原因となることがお分かりいただけるでしょうか。

「歯茎から膿が出る」というだけではあまり深刻な病気と捉えられないものですが、口臭以外にこういった病気を引き起こす原因となりますから、できるだけ早く歯科医院で治療をしてください。

3.歯肉膿瘍の場合

歯肉膿瘍も、根尖性歯周炎と同様に歯科医院での治療をおすすめします。ただし、こちらは根尖性歯周炎ほど危険な病気ではありません。

ですが、もちろん油断は禁物です。歯肉膿瘍は単なる炎症のため、放っておくだけでも症状が治まる場合があります。

しかし、歯肉膿瘍の最大の特徴は、放っておくと何度も症状が繰り返し、また徐々に悪化していくという点にあります。また、歯肉膿瘍が悪化すると、歯周病に繋がることもありますから、その点でも注意が必要でしょう。

歯科医院での治療は、多くの場合腫れた歯肉を切開し、膿の排出が行われます。またその後に抗生物質が処方されますから、それを飲んで腫れを抑えてください。治療自体はシンプルで、歯科医院に行けば比較的早急に症状を改善することができるでしょう。

4.親知らずの場合

先にも述べた通り、親知らずが原因で歯茎が腫れ、そこに歯垢や膿が溜まっている状態は、広い意味では歯肉膿瘍の一種と言えます。ですからこちらも同様に、歯科医院で治療をする必要があるでしょう。

単なる歯肉膿瘍と親知らずの腫れの最大の違いは、他の部分と違い親知らずは抜歯が可能であるという点にあります。横向きに生えてしまったり、斜めに生えてしまったりした親知らずは抜歯、歯肉に埋まっている親知らずは歯肉の切開が必要になるでしょう。

これはあくまで個人では判断せず、歯科医院の先生の判断に任せるのが理想的です。親知らずを抜歯または歯肉を切開し、歯肉の腫れを抗生物質などで抑えれば、必然的に症状は治まっていくはずです。

親知らずを抜かない、と歯科医院の先生に判断された場合は、今後その周辺が腫れないような親知らずのケア方法を教わるのがよいでしょう。

専門医によるアドバイスで、有効に歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを用いるだけでも、歯垢を取り除くことは可能ですから、それによって歯茎の臭いが改善される可能性も高くなります。

 

予防方法について

よしこよしこ

ここまでは、実際に歯茎が臭っている場合の原因と、それぞれの原因に対応した対策方法をご紹介しました。

ですが、できることなら歯茎が臭う前に事前の予防を行いたいものですよね。ここでは、自分の歯茎が臭わないように、私たちにできる予防方法をご紹介します。

1.歯茎のチェック方法

まずは、自分の歯茎が臭っているかどうかを確認しましょう。今すぐに確認できる方法としては、「指で歯茎を触って、その指の臭いを嗅いでみる」というものがあります。歯茎に直接触れるのに抵抗がある、という方は、綿棒などで歯茎に触れて、それを嗅いでも構いません。

ちなみに、歯茎を触った時点で膿が出る場合は、臭いの有無にかかわらず早急に歯科医院を受診してください。膿が出ている時点で既に何かしらの口内疾患にかかっている可能性が高いためです。

その口内疾患は、必ず近いうちに口臭の原因となりますから、口臭が出ていないうちにケアをするべきでしょう。

2.歯茎マッサージ

歯茎の健康を促進させるために、歯茎マッサージを行うこともおすすめのセルフケアのひとつです。

歯茎マッサージの方法は簡単です。きれいに洗った指で、右の奥歯から左の奥歯にかけてくるくると円を描くように歯茎を軽く押すだけで構いません。

一日に何度、という決まりもありませんから、歯磨きのあとやトイレに行った際など、ちょっとしたタイミングで簡単なマッサージを行いましょう。

特に、歯と歯茎の境目についてはより丁寧なマッサージをすることが重要です。歯茎を直接触るのに抵抗がある方は、歯ブラシで同じことを行っても構いません。

歯茎には40個以上のツボがあるとされています。歯茎のマッサージはそれ自体が歯茎の血行を改善し、健康を促進させますが、歯茎以外の全身の健康や、小顔にも効果があるのです。

歯茎マッサージをする際に気を付けたいのは、指や歯ブラシを必ずしっかりときれいに洗ってからマッサージをはじめるという点です。口内に入った細菌が歯茎の臭いの原因になることはここまでで何度も述べてきたとおりですから、清潔には必ず気を付けてください。

3.歯磨き

日常的に行っている歯磨きでも、歯茎の臭いを予防することができます。まず、基本的なポイントとして、歯磨きは1日3回、食後30分以上経過してから行ってください。

これは、食後30分間は口内で唾液がよく分泌されているためです。唾液は口内細菌の働きを鈍くする働きがありますから、食後30分以内に歯磨きをしてしまうと、この唾液が洗い流されることになってしまいます。

また、可能であれば昼食と夕食の間にもう1度、そして寝る前にも1度、最大で1日5回ほど歯磨きをするとさらに効果が感じられるでしょう。

歯磨きと言うと、白い歯を中心に磨くことをイメージしがちですが、歯茎の臭いを予防するためには歯茎も歯と同程度に丁寧に磨くことが重要です。歯と歯茎の境目は特に口内細菌のすみかとなりやすい場所ですから、重点的に磨くようにしてください。

歯磨きの時点で歯茎から出血があっても、気にせずに歯磨きを続けて構いません。出血を恐れて歯磨きを簡単に済ませてしまう方もいるようですが、それでは結果的に口内の食べかすや歯垢が取り切れず、歯茎の状態を悪化させてしまうことに繋がります。

まとめ

よしこよしこ

歯茎の臭いの原因となる症状と、それぞれの症状に対する対策方法がお分かりいただけたのではないかと思います。歯茎の臭いは、簡単にケアできるものから深刻な病気につながるものまで様々です。なるべく早く現在の自分の歯茎の状態を分析し、それに合ったケアを行ってくださいね。

下のページもご覧ください。

治らない口臭は糖尿病かも!糖尿病と口臭の7人の体験談|糖尿病の甘酸っぱい、アセトン臭、おしっこの臭いと指摘されることも。

以上、「歯茎の臭いから糖尿病に? 歯茎の臭いの原因(歯垢・出血・膿・親知らず)と対策」でした。

口臭を防ぐのはルブレン

main_20160801