接客業はお客さんとの距離が近く、自分の臭いが気になりますよね。体臭がしないように、仕事前にシャワーを浴びて行っている方は多いのではないでしょうか?

でも、口臭となると話が変わります。ガムを噛んでごまかすことも、友達同士ならできますが、仕事では不可能です。いろいろな原因で口臭が臭いますので、仕事前に歯磨きをすれば済む話でもありません。接客業を行っている方へ、口臭の原因と対処法、予防方法をしっかりとお伝えします。

メニュー

1.接客業の口臭は致命的

接客業にとって口臭が臭うのは致命的です。接客業はお客さんと会話する機会が多い仕事。飲食店のホールスタッフやホテル・旅館の従業員、さらにアパレルや雑貨、インテリア、書店、花屋、スーパー、コンビニなどの販売の仕事も接客業に含まれます。また、接客業ではありませんが、介護の仕事や医者、看護師、歯医者さんといった医療に関わる仕事も人と話す機会が多いです。ヘアサロンや理髪店も顔と顔が近づく時間が長く口臭は要注意です。

そのような仕事において口が臭いとお客さんに不快な思いをさせてしまいます。それだけですめばいいほうで、店員の口が臭いので、そのお店に行かなくなったという方もいるほどです。

口臭の厄介なところは、自分では慣れてしまって気づきにくい点です。接客業で口臭が気になっている方も、自分では大丈夫と思っている方もきちんと口臭対策をしたいところですね。

2.口臭の主な原因(歯・舌・臭い玉)をご紹介します

では、口臭の主な原因は何でしょうか?大きく分けると口の中で起きるものと、胃が原因で起きるものとがありますが、細かく4つの原因をお伝えしましょう。

2-1.原因1:歯が原因で起こる口臭

口臭の原因でもっとも大きなパーセンテージを占めるのは、歯が原因の口臭です。特に歯周病は、強烈な臭い。歯周病になると、歯茎が腫れて膿みが出て、膿みの不快な臭いがします。さらに、歯茎が下がると、歯と歯茎の間に歯周ポケットができ、そこに食べかす、歯垢が溜まると、それらをエサに細菌が繁殖します。その細菌が繫殖する際にメチルメルカプタンという悪臭を放つ成分が発生するのです。メチルメルカプタンは野菜が腐ったような臭いがします。

2-2.原因2:舌も口臭の原因!

舌も口臭の大きな原因です。舌に白いものが苔状に張り付いた状態を舌苔と言いますが、舌苔は口臭の原因になるのです。舌苔は食べかすや代謝して剥がれた上皮細胞、死んだ細胞が舌に付着したもの。それらをエサにして細菌が繁殖し揮発性硫黄化合物を発生させます。揮発性硫黄化合物は、温泉の硫黄泉のような臭いの硫化水素、野菜が腐ったような臭いのメチルメルカプタン、下水のような臭いのジメチルサルファイドという3つの悪臭を放つガスを指していて、唾液に混ざりやすく、唾液を通って息が臭くなります。

2-3.原因3:口臭の原因は臭い玉?

口臭の原因に臭い玉というものがあるということを聞いたことはありますか?臭い玉は膿栓とも呼ばれます。臭い玉は、喉の扁桃近くのくぼみにできる球状の臭うものです。臭い玉ができる原因は何でしょうか?わたしたちの体は本当に良くできていて、鼻や口から細菌やウイルスが入ると、それらを撃退するために白血球が出ます。その白血球は粘着質で、食べかす、細菌の死骸とくっついて丸い球になるのです。臭い玉は膿栓と言われるように膿みの強烈な臭いがします。

2-4.口臭は胃が原因?

口臭の原因は、歯、舌、扁桃と口腔内がほとんどですが、「胃が口臭の原因」だと思っている方も多いようです。しかし、胃は基本的に口臭の原因ではありません。なぜから、食道と口の間に蓋があり、胃から臭いが逆流することはないからです。もちろんゲップの時や逆流性食道炎などの病気がある方は別です。

では、なぜ胃が原因だと思ってしまうかと言えば、臭いの強い食べ物を食べると、それが血流で流れて肺に到達し、空気と交換されて呼気として口から出てくるからです。なので、厳密にいえば、肺から口臭がでてくるわけです。

3.口臭の対処法(歯・舌・臭い玉)をご紹介します

3-1.歯が原因の口臭の対処法は?

歯が原因で口が臭くなったらどうしたらいいのでしょうか?歯周病の場合、初期状態は歯ブラシやデンタルフロスを正しく使うことである程度の改善をすることができます。しかし、たいていの場合、歯周病に気づいた時には歯医者さんに行くしかありません。歯周病治療はすぐに劇的な改善を見るわけではありませんので、高額な費用と歯医者さんに通院する時間がかかります。

3-2.舌苔が原因の口臭には?

舌に舌苔ができたことによって口臭が発生したら、その舌苔を取り除くことが必要です。舌苔はどのように取り除くことができるのでしょうか?歯ブラシや綿棒で舌苔を取り除いている方もいますが、あまりおすすめできません。歯ブラシや綿棒は舌にとって硬すぎるので、舌を傷つけてしまうことがあります。舌が傷ついてしまうと、かえって舌苔ができやすい状態になってしまいます。舌苔は舌用のブラシで取り除くことをおすすめします。

3-3.臭い玉が原因の口臭

自力で臭い玉を取る方法として綿棒を使う方がいますが、扁桃を傷つけてしまうことがあるのであまりおすすめできません。臭い玉をとるためのもとしては、クラウン丸形洗浄瓶をおすすめします。クラウン丸形洗浄瓶はカーブしたノズルがついているプラスチックの瓶です。ノズルがカーブしているので、扁桃近くのくぼみにもしっかり当たります。自分で取り除くのが難しい方は、耳鼻咽喉科に行きましょう。臭い玉(膿栓)の除去は難しいものではありませんので、数分で終わります。しかし、自分で取り除いても耳鼻咽喉科で取り除いても、また臭い玉はできてしまうということを覚えておきましょう。

4.口臭予防はどうしたらいいの?

では口、舌、臭い玉が原因で起きた口臭の対処法をお伝えしましたが、そうしたものが起きないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

4-1.歯周病予防は?

歯周病予防は、こまめに歯磨きをするのが一番です。さらに歯ブラシやデンタルフロスを使ってどれだけ歯磨きしても歯周病が起こってしまうことがあるのも事実です。歯医者さんでは半年に1回はメンテナンスのために受診されることをすすめています。歯医者さんに定期的に診てもらい、歯周病は初期の状態で対処しましょう。

4-2.舌苔をできにくくするには?

舌苔は唾液が減ることでできやすくなります。わたしたちの体は良くできていて無駄なものは1つもありません。唾液には抗菌作用のあるラクトフェリンやリゾチームという成分が入っています。ですから唾液によって細菌の数を減らすことができ、細菌の死骸が関係する舌苔をできにくくします。唾液を増やす方法は色々ありますが、1つ水をこまめにとることは忘れてはなりません。

4-3.臭い玉をできにくくするには?

臭い玉をできにくくするにはどうしたらいいのでしょうか?臭い玉は細菌やウイルスの侵入を防ぐために扁桃から白血球が出ることで作られます。ですから口腔内の細菌やウイルスを減らせばいいのです。細菌やウイルスはうがいで減らすことができます。また、鼻うがいも効果的です。

5.まとめ

接客業の方に致命的な口臭の原因と対処法、予防についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?こうして見ると口臭の原因は様々あり、それぞれに対処法や予防をしていくとなると大変なことがおわかりいただけたと思います。接客業の方はこれらの点を踏まえて口臭に対処し、予防していただきたいと思います。しかし、仕事の際中はカンタンにできないのが、難点です。カンタンに口臭対策ができるものありますので、それらを利用してみることもおすすめします。

口臭を防ぐのはルブレン

main_20160801