舌の舌苔を舌磨きで取ろうとして失敗する人がたくさんいます。ぜったいにやめてください。

舌磨きをやりすぎる方が非常に多く、悪化します。

白い舌、黄色い舌、黒い舌などいろいろありますが、だいたいが舌磨きをやりすぎて悪化します。具体的には傷がついて血が出ます。ピンク色にまで舌を磨こうとして悪化しているのです。これほど傷をつけると細菌が蔓延して口臭がむしろ悪化します。舌苔の原因も様々なので、どうしても気になる方は、まずは医者に診てもらってください。歯ブラシなど固くてばい菌がついているものでは磨かないでください。具体的に、どのように失敗しているのか、体験談の一部を公開します。

舌苔の舌磨きで失敗した体験談目次

歯を磨いたついでに舌をそのままゴシゴシ磨くのが日課でした。

歯を磨いたついでに舌をそのままゴシゴシ磨くのが日課でした。
舌にカスみたいな物がつくのが嫌で、磨かないとスッキリしなくなっていましたが、ある時ヒリヒリとするので舌を出して見てみると、見事に傷がついて血が滲んでいたので驚いてやめました。
それに、思った程キレイになっていないような気がしたのと、さらに調べたらあまり刺激を与えすぎると細菌が感染しやすくなるとのことで、恐ろしくなってとても後悔しています。
舌磨き専用のブラシも面倒で使ってなかったので、今度から使おうと思います。(女性 主婦 46歳 愛知県)

口臭予防のために朝晩の舌磨きは欠かさず行っていました。

口臭予防のために朝晩の舌磨きは欠かさず行っていました。もともと舌の色が白く、口臭は指摘されなかったものの気になっていました。最初は力を入れずに行っていたのに、舌の白さが気になりだしてからはだんだん力を入れて磨くようになりました。すると舌磨きを初めて数か月後に、食事をすると舌がしみるようになってきたのです。さらに舌磨きが舌の痛みで行えなくなってしまいました。ちょっと不安に思い近くの口腔外科で見てもらったところ、舌が炎症を起こして傷が入っているとのことでした。原因はやりすぎた舌磨き。口腔外科の先生曰く、適切な舌磨きの頻度は週に2~3回だということを聞き、ショックを受けました。今は舌磨きを休止中です。やりすぎて後悔しています。(女性 会社員 50歳 大阪府)

磨いている時に「オエッ」と気持ち悪くなり少し嘔吐したことがあります。

磨いている時に「オエッ」と気持ち悪くなり少し嘔吐したことがあります。それ以降、磨いていません。
当時、口臭が気になり、舌の白いものが口臭の原因の一つであると聞き、磨いてみようと試みました。
そこで、調べてみると専用のブラシがあるということで即購入し、その日から使用し始めました。
最初は、気にっていた白いものが取れることが嬉しく続けていました。
しかし、強さが強すぎたのか奥にし過ぎたのか気持ち悪くなってしまいました。
その時見ていた旦那に呆れられて、以降磨くことは止めてしまいました。
もっと軽く丁寧にすれば良かったかと思います。(女性 主婦 34歳 大阪府)

舌全体がヒリヒリするようになってしまいました。

舌磨きをしすぎた事で舌苔が全てなくなり逆に舌が荒れてしまい味蕾が赤く腫れあがり、舌全体がヒリヒリするようになってしまいました。常にヒリヒリを感じて食事の時にはちょっとの刺激が辛く、食事が楽しくなくなってしまいました。舌磨きをしすぎたせいで唾液分泌も減ったように感じました。唾液分泌が減ったせいでヒリヒリした舌に十分な唾液がいきわたらないので乾燥していたようです。知り合いの医師に舌磨きに舌の写真を撮って見てもらい、舌磨きはやめたほうがいいと言われましたが舌磨きが癖のようになってしまい、ヒリヒリするのに舌磨きがなかなかやめられずに大変後悔しました。(女性 保育士 30歳 東京都)

テレビかなにかで歯磨き粉をつけたまま磨くと良くないとやっていました。

歯磨き粉をつけて舌磨きをしていたのですが、テレビかなにかで歯磨き粉をつけたまま磨くと良くないとやっていました。それからは何もつけずに磨いていたのですが、舌の白いのがなかなかとれない気がして何回もこすっていたらそのうち血が出たりしたのでそれからは軽めにこするようにして、ぜんぶ汚れが取れなくてもうがいをして舌磨きを終わらせるようにしました。やはり専用のブラシを買ったほうがいいのかなとおもい買うか検討中です。(女性 会社員 21歳 北海道)

歯ブラシの欠片が歯茎に刺さり大量の血が出てきた。

口臭が気になって色々試したけれど効果が無いなと思って舌磨きを始めてしばらくして何時ものように舌みがきをしていたら力を入れすぎたのか歯ブラシがいきなりバキッと音がして折れた。その時に歯ブラシの欠片が歯茎に刺さり大量の血が出てきた。以前から歯茎が悪くって血が出やすい状況だったけど、それまでに無いくらい血がドバドバと出てしまった。暫くして血が止まり鏡の前で歯を見たら歯茎が欠けたような感じになり翌日歯医者に行き治療してもらったけどビックリするくらい出費した(男性 会社員 32歳 岡山県)

舌磨き専用の物があることは知っていましたが・・・

舌磨き専用の物があることは知っていましたが、買いに行くのと持ち代えるのもじゃまくさいので歯ブラシで舌を擦りました。
最初は柔らかめにしていたのですが、だんだんと強めにするようになりました。
それを繰り返していたら、舌に傷が出来てしまいました。
気がつかずに続けていたら、その部分が白くなり痛みが出るようになりました。
しばらく、そのままにしていたら傷口が硬くなり、病院で診てもらったら、その部分をけずらないといけなくなり、大変なことになりました。
それからは、歯ブラシで舌を磨くことはやめました。(男性 自営業 57歳 兵庫県)

電動バブラシで徹底的に舌磨きをしたことがあります。

57歳、男性です。多分、40歳後半の頃にテレビか雑誌で”舌苔が沢山舌についている人は口臭がきつくなる”との情報を見たことがあります。鏡で自分の舌を確認すると自分の舌にもびっしりと舌苔がついていた為、気になって電動バブラシで2回~3回だと思いますが、徹底的に舌磨きをしたことがあります。確かに舌苔は綺麗に取れましたが、素人の浅はかさでその後大変なことになりました。詳しく舌苔の取り方を調べると、舌ケア用専用ブラシで優しく舌をなぞったり、ハチミツを舐めると効果があるそうで、私のように徹底的に舌苔を取るのは逆効果だそうです。その後、特に口臭が強くなった印象はありませんが、今でも食べ物を食べる際に舌がしみてとても痛いです。特に唐辛子などが入っている食べ物はかなり痛みを感じます。これから、舌磨きをする方は正しい方法で、あまり磨きすぎないようにした方がよさそうです。(男性 会社員 57歳 千葉県)

嘔吐に襲われてしまい、朝食を戻してしまいました。

口臭、口内の予防、改善には歯磨きだけではなく、舌磨きも大切という話を聞きましてから、歯磨きの度に舌磨きも実践しています。舌を良く見ますと確かに、汚れている気がしまして、それから舌も綺麗にしようと思いまして、念入りにやっていました。しかし、ある朝いつものように歯磨きをしまして、最後に舌を磨いていましたら、嘔吐に襲われてしまい、朝食を戻してしまいました。その後、仕事中も食道から胃の辺りが、ムカムカしまして、何となく気持ち悪く、舌を磨き過ぎたせいのようです。それからは、念入りにより、気持ち軽めに舌磨きをしています。(女性 会社員 36歳 千葉県)

以上「【絶対ダメ!】舌苔の舌磨きで失敗した10人の体験談(出血・傷・口臭悪化・手術)」でした。


口臭を防ぐのはルブレン

main_20160801