舌苔の原因

舌苔、特に奥の方にあるのは口臭の原因になります。 また、臭い玉(膿栓)の原因になるとも言われます。 なぜなら、悪玉菌の集まりだからです。

歯磨きしても口臭がする場合には、臭い玉(膿栓)または舌苔が原因のケースが多いようです。 ここでは、舌苔の原因をご紹介いたします。

舌苔の原因をまとめてみました。

【原因1】悪玉菌とタンパク質が浸入残ったタンパク質が悪玉菌の栄養に(図)

  1. 口呼吸をしているとゴミ・ホコリ・悪玉菌自体がどんどん入ってきます。
  2. 鼻が悪い方は後鼻漏によって、口腔内に悪玉菌が入ってきてしまいます。
  3. 悪玉菌の栄養は、お口に残ったタンパク質です。歯磨きができない口の粘膜(頬の内側等)にタンパク質が残ります。食べカスだけでなく、新陳代謝でお口の中からもタンパク質が剥がれ落ちます。これが、悪玉菌の栄養となってしまいます。野菜の多い食生活の場合には、繊維質が自然にお口の中のブラッシング作用を行いますが、野菜が少ない、特に肉の多い食事の婆には、このブラッシング作用が働かず、口腔内にタンパク質がたまりやすくなります。

【原因2】口が乾燥し悪玉菌が繁殖しやすい。口腔内が乾燥し悪玉菌が繁殖しやすい

口が乾燥すると口臭がひどくなることはご存知のとおりです。口の乾燥の原因は以下のようにいくつも存在します。

  1. 口呼吸(鼻づまり、口の筋肉の衰え、口が開く癖など)
  2. 薬の副作用(口が渇く薬を飲んでいる方)
  3. 体質・体調(もともとの体質の他にも、年齢や季節によるものなど)
  4. 更年期(女性の場合には更年期で口が渇く方が多い)乾燥して痛んだ口腔内の皮膚は善玉菌は住みにくく、逆に悪玉菌が繁殖しやすい環境となります。

【原因3】睡眠不足やストレスで免疫力が低下し、悪玉菌が侵入する。

ネバネバした唾液で悪玉菌に抵抗できない

唾液自体に免疫作用がありますので、唾液が減少すると、悪玉菌に抵抗できません。また、唾液にもネバネバ系とサラサラ系の唾液があり、サラサラ系の唾液がでていないと悪玉菌は繁殖します。よって、緊張やストレスが多い時や夜中はネバネバ系の唾液しかでないので悪玉菌が繁殖しやすく、臭い玉もできやすいことになります

ダメな対策:舌ブラシでこすりすぎるのはだめ

舌苔の原因は様々な要因が絡み合っていますので、舌ブラシだけで解決!というわけにはいかないのです。むしろ、ゴシゴシやりすぎて炎症を起こしてしまってはますます悪玉菌の繁殖を促してしまいます。

予防商品ルブレン

 口中をきれいにして、口臭を予防する商品。薬を使用しておらず、有機認証のオーガニックハーブを使った、ケア商品。

kiji_botan

main_20160801

kiji_botan

口臭を防ぐのはルブレン

main_20160801